最新記事 PR

美容看護師採用選考で本当の落選理由を知ることはできない!

美容看護師 採用選考 落選
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
めてめて

こんにちは、めてめてです。今回は美容看護師採用選考の落選理由について、本当の落選理由を知ることができないということについて解説していきます。

美容看護師の転職関連は良質なクリニックほど、職業人気上昇に伴い入職が難しくなっています。そのため採用選考では普通に落選をすることがあるのですが、ここで知っておいて欲しいことが、その落選理由の正確な内容を知ることが非常に困難であるということです。

それ故に落ちてしまった原因へ適切な対策ができず、採用試験が難航してしまうということがあります。

その背景を知りその上でできる対策について理解を深めましょう。

ぜひ最後まで見ていってください。

オススメ 美容看護師転職サイト
看護roo

看護roo!

\美容求人多数あり/



レバウェル看護

\優秀なエージェント多数/

この記事を書いた人
美容看護師めてめて

めてめて

  • 現役美容看護師
  • 美容看護師歴7年目
  • 管理職、教育、採用担当
  • 医療と経営の両視点から美容医療を経験
  • 大手系〜個人系まで多種多様の美容クリニックで勤務経験あり

始めに

記事のプロローグ

美容看護師は看護業界でも人気の職業であり、多くの看護師が目指されています。そして美容看護師となるために多くの看護師が履歴書や面接などの各種採用選考に挑まれていますが、人気の分野である以上倍率も高く、残念ながら落選してしまう機会も多々あります。

しかし今や美容クリニックは日本全国で多数開院されているため、落選をしてしまったとしても次のチャンスはいくらでもあります。そのため次の合格に向けて不足分に色々と対策をされる人も多いでしょう。

実際にしっかりと要点を踏まえた対策をして採用選考に挑んだ結果、あっさりと内定を貰えたという話は多く聞きます。

それだけ対策をしておく必要性は高いのですが、ただその対策は無作為にすれば良いという訳ではなく、入職希望のクリニックのニーズに合わせた対策をする必要があります。
そのために選考基準となる必要な情報を仕入れることが最も重要なこととなっています。

しかしここで問題となることが、その対策に必要な情報を仕入れることが非常に難しいということです。
そしてその直接的原因となっている理由が
「採用で落選をした際の正確な理由は、いかなる手段を用いても把握することができない」
という事情があるからです。

そのため入職希望のクリニックにおける落選基準の全容が把握できず、クリニックに沿った対策をしたくても正確な対策ができないという現象が起こってしまい、それ故に採用試験が難航しているケースが筆者にも多く報告されています。

そこで今回はその美容看護師採用関連の落選理由について、正確に知ることはできないということについて解説していきます。

なぜそのような要因があるのか、そしてそれを踏まえてどのような対策をするべきなのか、その理解を深めることができます。

美容看護師を目指している看護師は今回の内容を参考にしてみてください。

この記事で分かること!
  • 美容看護師採用関連の正確な落選理由を知ることができない理由について。
  • 正確な落選理由を知ることはできないが予測はできることについて。
  • 美容看護師採用選考の対策方法について。

なぜ正確な落選理由を知れないのか?

写真 疑問

ではまずなぜ正確な落選理由知ることができないのかについて解説していきます。

これについては簡単に言うとクリニックという形態故の運営上における都合が原因なのですがそれが
「伝えることでクリニックの不利になる落選理由を伝えないようにしている」
という事情があるからです。

例えば、採用試験の結果入職希望者を落選させると判断した時に、その主となる理由が
・休職期間などが長くあり、経歴が不十分と判断した。
・前職で専攻していた分野の経験ではクリニックの勤労に適さないと感じた。
・年齢が高く、適正年齢上求めていない層からの募集であった。

などであったとした場合、それら理由をそのまま伝えてしまうと、厚生労働省が定める公平に採用選考を行うためのガイドラインの規定に反してしまうことになります。

もしそのようなことが入職希望者等により世間的に露見されてしまうと
「本来守らなければいけない採用のルールを反しているクリニック」
であることを世間に認識されてしまい、それによって社会的信用を大きく損なってしまう可能性が大いにあります。
これは営利を求めるクリニックにとっては経営を左右する致命的なことになります。

そのため万が一にもそのようなことが起こらないように、本来の落選理由があったとしても、それを伝えることでクリニックに不利になる内容であったのであれば、当たり障りのない、それらしい理由に変換して伝えることがあるということです。

クリニックは利益を作ることを最優先に考える組織です。そのため優秀な人材やクリニックの理念やニーズに沿って忠実働ける人材が欲しいことは当然です。
入職希望者がその基準に満たなかった場合、その理由が定められた選考の評価対象外にあったとして、それを無視してまで妥協して貴重な採用の枠を埋めるようなことはしたくありません。

どれだけ優秀な人材でもわずか1人が勝手なことをしたせいで、クリニックが大きく傾いてしまったという話はこの業界では珍しくもないことです。そのため様々なクリニックの基準で採用を落選させることはありますが、その落選した理由全ては採用担当者以外には誰も知ることはできないシステムになっているのですね。

そしてその落選理由が公平な評価に反している場合は絶対に外部に漏れないため、公式な記録として一切残しません。そのため転職エージェントのような有用性の高いサービスを利用したとしても、その全てを知ることはできません。

このようなクリニックの事情があるからこそ、採用選考の落選理由は正確に把握することができません。

本来の国が定めた採用選考におけるルールに当てはめると、適さないことではあるのことはクリニックの採用試験官も承知はしていますが、実際問題として理想や綺麗事だけで円滑に収まるほど採用選考は単純な問題ではないのですね。

めてめて

公平な基準で評価をしたいのはもちろんなのですが、それにこだわりすぎて万が一にもクリニックに損害を発生させてしまうと、既存のスタッフやクリニックの運営にも多大な負の影響を与えてしまいますからね。

より慎重に、丁寧に選考をする上で色々と課題があるのですが、選考理由の把握もその1つです。

正確な落選理由を知る方法はあるのか?

写真 悩む

では上記内容を踏まえて、それでも正確な落選理由を知る方法があるのかということですが、それは残念ながら現状の採用選考ではありません。

結局なところ採用選考は対人を介して行うものであるため、人の感情が評価に反映されてしまう以上、公平な審査というものは成立しないのですね。

そのため公平性に欠く落選理由があったとしても、それを今後関わらない落選者に、クリニックが不利になるかもしれない可能性を含みながら伝えることはしないのですね。

また複数の落選理由があったとしてもそれら全てを、わざわざ親切丁寧に教えることもクリニックが得られるリターンが無いためしてくれません。

めてめて

1つの伝えられた落選理由にそれだけしか対策をしない転職者は美容看護師の転職支援をしているとかなり多いことを感じます。

しかし指摘されなかったことが現状で合格基準を満たしていることとは限らないので、対策は油断しないようにしてください。

大体の落選理由はクリニック側の手間になるので言ってないだけですからね。

予測を立てて対策をする

写真 サイト

正確な落選理由を全て知ることができないという前提がある以上、その条件下でできる対策は落選理由となりうる原因の予測を立てながらしていくことが最適となります。

そしてその予測を立てるにあったって最も大切なことが、
「自分自身が採用選考で負い目となる部分にどれだけ自覚ができるか」
ということになります。

・明らかに短期間で頻回に転職をしている。
・能力に過信をして、採用試験の対策をちゃんとしていない。
・美容転職の平均から考慮すると年齢が明らかに高い。
・SNSで職場情報を不用意に発信するなど、不適切なことをしたいた過去がある。
・明確な目的はないが、なんとなく美容看護師を目指している。

このような一般的な目線で見ても、負い目となり得る要因があるかは自分自身に改めて確認をしておき、その部分に思い当たる節があればそこもしっかり対策をするようにしておきましょう。

特にこれら上記に挙げた要因は落選理由として直接的に伝えることができないことですが、落選させられやすい理由となりやすいです。スルーしないようにしておきましょう。

・頻回な転職歴があるのであれば、それを自分と相手がきちんと納得できる理由で説明ができるようにしておく。
・能力に過信をして採用関連の対策を怠っているのであれば、基本的な部分からしっかりとクリニックに沿った対策する。
・年齢が明らかに高いのであれば、その年齢に見合った知識、技術の研鑽があるかを考えて相手が評価できるように有益性あるものをアピールする。
・SNSで不適切な発言をしていたのであればそのアカウントは鍵をかけるか、思い切って削除しておく。
・なんとなく美容看護師を目指しているのであれば、その気持ちを切り替えて本気で目指す意志を持って採用選考に挑む。

何かしらの負い目となる要因があったとしても、できる対策はたくさんあります。

また面接で負い目と想定される、あえて痛いところを質問された場合、それの回答に採用試験官が納得している様子が見られず落選をしているのであれば、わざわざ聞くぐらいなのでそれが主な落選理由となっている可能性は高いため、次の試験までには必ず克服をしておきましょう。

結局正確な落選理由を知ることができないシステムである以上、面接で伝えられた落選理由の対策に加えて、自分が採用選考で負い目となる部分にいかに気づけて対策し、緩和させることができるかが大切になってきます。

そして自分が負い目を感じる部分は当然採用試験官にもそれを思われる部分になりますし、採用担当をしている人は基本的に人材評価や厳選のプロです。
その不足部分に気付く高い感性を持っているため、きっちりと対策をしておきましょう。

めてめて

予測を立てた対策をするために必要なことは兎に角「自己理解」です。自分のことをどれだけ知っているかが大切です。

筆者も年間多数の看護師を採用選考をしていますが、落選をさせる看護師の多くはやはり自己理解が乏しい場合が圧倒的に多いです。

自身の負の部分を見つめるというのはなかなかに苦痛を伴いますが、良質なクリニックで美容看護師をしたいのであれば避けては通れない道だと思ってしっかりと向き合いましょう。

原因の対策は客観的評価をしてもらうのも大事

写真 選択

採用関連の落選理由にできる対策は、自分自身がそれにどれだけ気づくことができるかになります。そしてその気づきをより効果的に、効率よくするためにも、客観的評価をしてもらえる人材と協力をしておくことも必要な対策になります。

その人材として当ブログでも一貫して優秀な転職エージェントの利用を推奨しています。

自分が思う落選してしまう理由を徹底的に対策できたとしても、その内容が本当に採用選考において問題がない程度であるのかや、実際採用試験官にどのように評価されるかまでを確信を持って大丈夫と言い切ることは難しいです。

しかしそこに転職のノウハウや知識が豊富な転職関連のプロである転職エージェントという有用性の高いサービスを利用することができれば、その問題を冷静に分析して客観的に適切かの判断してもらうことができるため、効果的な問題解決を図ることができます。

落選をした本当の理由の対策は現状、どう頑張っても憶測でしかすることができないため、それを自分自身だけで完結するというのは非常に困難なことです。特に転職経験の無い看護師であれば尚のこと不可能になります。仮に自己完結できるほどの要領や能力があれば採用関連でそもそも難航することもないですからね。そのため素直にその道の優秀なプロにも対策は頼んでおきましょう。

採用選考に落ちてしまうこと自体は美容分野であるからこそ頻回に起こるため、落ちてしまった事に必要以上に落胆をする必要はありません。

しかし次の機会のために不用意に余分な時間をかけてしまうことや、迷走してしまうことは得策とは言えません。
美容看護師の採用選考でできる対策全般は、転職エージェントを適切に利用することができればいくらでも効率化を図ることができますし、それにより大いに内定率を上げることができます。

めてめて

もちろん転職エージェントの利用をする場合は客観的に評価できる優秀な人材を頼れるようにしておきましょう。

適当なサイトを利用して悪質なエージェントに捕まると一気に美容看護転職の充実度と内定率は低迷します。

当ブログでは筆者が実際に利用して調査もした、一貫して美容看護師転職にオススメしている転職サイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

美容看護師 オススメ 転職サイト
看護roo

  • ・美容クリニック求人が多数!
  • ・美容看護師の転職に強いサポートあり!



  • ・転職サポート関連が高水準!
  • ・優秀なエージェントが多数在籍の高い安定感!

レバウェル看護

看護求人 JobMedley

  • ・直接応募型の求人サイト!
  • ・必要なキャリアサポートだけを効率よく受けれる!
美容看護師 転職エージェント
美容転職に非常に役立つ!転職エージェントを上手く利用する方法!!美容看護師の転職に転職エージェントの利用が非常に役立ちます。 利用するメリットと、注意点について現役の採用担当をしている美容看護師が徹底解説。...

最後に

記事のエピローグ

今回は美容看護師の採用選考で本当の落選理由を知ることはできないという内容を解説しました。

採用選考の本当の落選理由を知ることができないのは、それを判断する採用選考に人の感情が関わってしまい、さらに社会的信用が何よりも大事な、営利を求める美容分野であるからこそ起こっていることですね。

しかし落ちた理由が正確に分からないとはいえ、そこに全くの対策方法がないわけないので安心して貰っても大丈夫です。今回紹介したものを参考に対策をしてみてください。

それに多少採用選考で足を引っ張るような要因があったとしても、自身の魅力や有用性でそれを補うことができれば、よほどひどくなければその要因だけで落選を確定されることは滅多にないでしょう。

言ってしまえばクリニックも有益性の高い人材は積極的に欲しいです。総合的に評価してクリニックへのプラスを期待できると思わすことができれば、普通に内定を獲得できることの方が多いですからね。

そのためにもまず負い目となる要因は自覚して対策しておくことは必要ですが、そこにだけに注力し過ぎてしまい、肝心のクリニックに評価して欲しい、自分が誇れるセースルポイントを養うこと等は怠らないようにしておきましょう。

採用試験で合格する人は基本的に自分の魅力を精一杯伝える内容をしていますが、落ちる人は負い目を隠すためのだけの内容になっています。採用試験の落選基準はクリニック都合によるところも幾分かありますが、結局なところ「何かしらクリニックが定めた採用基準を満たせなかった」というものであるため、転職エージェントなどを利用しながらしっかりと分析をして可能な限りの対策をして内定獲得を目指していきましょう。

・採用試験対策として面接の対策は必須!必ず要点を押さえておきましょう↓

美容看護師 面接対策
現役美容看護師がズバリ解説!内定獲得のための美容面接基礎対策美容看護師面接の基礎的な対策について面接、採用試験官である現役美容看護師が解説。 面接の対策や評価ポイントへの理解を深めて面接合格に繋げましょう。...
美容看護師 面接 質問
美容看護師面接の質問と回答例〜美容採用試験官が徹底解説〜美容看護師面接の主に聞かれる質問の回答例について、面接、採用試験官の現役美容看護師が実例を用いて徹底解説。面接への理解が深まり合格に役立ちます。...

・美容クリニックは「企業」です。企業の採用選考対策も必要です↓

美容看護師 企業面接
美容看護師の面接対策として企業の面接について知ろう!美容看護師の面接形態について現役の採用担当をしている美容看護師が徹底解説。 美容面接の形態を知ることで必要な対策や内容構築に役立てることができる。...
めてめて

今回の内容で美容看護師の採用選考における落選理由は如何なる手段を用いても分からないということと、それを知った上でできる対策について理解を深め、内定獲得に繋がる看護師が増えると嬉しく思います。

まとめ

記事のまとめ
採用選考の正確な落選理由は分からない
  • 美容看護師採用選考の落選理由は、伝えることでクリニックが社会的に不利になる内容は受験者が知ることができない。
  • 美容看護師採用試験の落選理由は複数該当があっても、その中の当たり障りない内容しか基本は教えて貰えない。
  • 美容看護師採用選考の正確な落選理由を知る手段はないため、正確な対策をすることが難しい。
  • 美容看護師の採用選考対策はある程度予想を立ててすることが求められる。
  • 美容看護師採用試験の対策として、自身が採用関連で負い目となる部分にどれだけ気づき対策できるかが大切になる。
  • 美容看護師採用選考の内容確認等のため、転職エージェントや理解ある人材など、第三者からの客観的評価を頼る。
  • 採用関連で負い目があったとしてもそれを補える自身の魅力を売り込むことができれば内定率は格段に上がる。
めてめて

美容看護師採用選考の落選理由を知ることができないのはシステム上もはや仕方のないことであるため、ポイントを押さえた適切な対策ができるようにしておきましょう。

転職希望者はみんな同じ条件で戦っているわけですから、必要な情報を拾えず、余計な対策に労力を割いてしまったその遅れが内定の命運を大きく分けることもあります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

美容看護師転職にオススメの転職サイト

美容看護師転職オススメサイト



  • 優秀なエージェント多数在籍!
  • 内部事情の調査が高品質で優秀!
  • 美容転職で高い利用満足度を実現!

↓無料登録はこちらから↓

看護roo

  • 高レベルの各種サポートが充実!
  • 美容クリニック特集が非常に便利!
  • 美容クリニック求人数が多い !

↓無料登録はこちらから↓

看護求人 JobMedley

  • 連絡不要の直接応募型の求人サイト!
  • 必要な分のキャリアサポートを受けられる!
  • 非公開求人なし!いつでも申し込み可能!

↓無料登録はこちらから↓

美容看護師オススメの転職サイト
まずは登録したい!現役美容看護師達が本気でオススメする転職サイト現役美容看護師が実際に使った本気でオススメする転職サイトについて紹介。利用することで美容看護師の転職活動に非常に役立ちます。...

美容医療の入門書

美容医療を詳しく

特にお勧めの1冊

お手軽に学びたい

ABOUT ME
めてめて
現役の美容看護師です。 美容看護師として大手、中規模、男性専門(男性器美容含む)、個人、保険美容併設型で勤務経験あり。 現在美容看護師7年目、管理職、面接官、指導も担当しており医療と経営の双方から美容医療について見識を深めている。