最新記事 PR

美容看護師面接の試験官がする質問の意図を汲み取ってみよう!ニーズを踏まえた情報の満たし方

美容看護師面接 質問について
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
めてめて

現役美容看護師の「めてめて」です。
この記事では美容看護師面接の面接官の質問の意図を汲み取ってみようという内容で解説していきます。

面接というのは採用側が入職希望者側を評価する機会になりますが、もう1つは相互理解の情報交換をする場としても機能するものです。

そのため面接でされる質問が何を目的として尋ねているのかを理解して、それに適した回答を提示するということは相手に自分を理解してもらう上で大切なことになります。
質問の意図を汲み取れず的外れな回答をしてしまい、評価がされず面接に落ちてしまったということは残念ながら多くある話です。

内定率を向上させるためにも、入職希望のクリニックが必要な情報を的確に伝える方法について理解を深めましょう。

美容看護師 オススメ 転職サイト



レバウェル看護

\優秀なエージェント多数/

看護roo

看護roo!

\美容求人多数あり/

この記事を書いた人
美容看護師めてめて

めてめて

  • 現役美容看護師
  • 美容看護師歴7年目
  • 管理職、教育、採用担当
  • 医療と経営の両視点から美容医療を経験
  • 大手系〜個人系まで多種多様の美容クリニックで勤務経験あり

始めに

記事のプロローグ

美容看護師の職業人気は高く、多くの看護師が美容看護師で働くことを目指され、面接等の各種採用選考を受けられています。

特に近年の美容看護師人気は著しく「残業がない」「離職率が低い」などの働きやすい環境が整っている人気があるクリニックほど入職希望の募集が多く、クリニック側が採用を厳選できるため内定の難易度が高くなっています。

美容看護師 面接 難しい
美容看護師人気によって難しくなっている面接!背景を知り成功の対策を考える美容看護師の職業人気が高まる中、面接での競争も激化しています。その背景を理解し、成功への対策を考えることが重要です。美容看護師の人気による面接の厳しさに対する理解から、成功への戦略を見つけましょう。...

そして採用選考で内定を直接的に決定づけるものが「面接」であるため、良質なクリニックに入職を目指す看護師はその対策はより念入りにしておくことが求められます。

そして面接で落選してしまう理由はたくさんあるのですが、その主な原因となっていることの1つは
「採用試験官の質問の意図を理解せず、ズレた回答をしてしまっている」
というものです。そしてこれを気づかずしてしまっている入職希望者は筆者やその他採用試験官に話を伺うと多くいることが確認できます。

そこで今回のテーマでは面接でされる質問の意図を汲み取って適切な回答をするということについて解説していきます。

面接官がその質問をなぜしているのか?その質問はどのようなことを評価するためのものなのかを知っておくことは非常に大切です。
面接で採用試験官が欲している「入職希望者を評価するための情報」をいかに提示できるかは内定率向上に大きく影響します。

面接対策の一環としてしっかりと押さえておきましょう。

・面接に落ちてしまう主な理由はこちら。落ちる理由を知ることは立派な対策になります↓

美容看護師 面接 落ちた
美容看護師が面接に落ちてしまう理由!現役美容クリニックの面接官が解説美容看護師としての求職活動で面接に落ちてしまう理由について、現役の美容クリニックの面接官が解説します。よくある面接の失敗や避けるべきポイントについて知り、面接を有利にできるようにしましょう。...
この記事で分かること!
  • 美容の面接で採用試験官が欲している情報を適切に伝える方法について
  • 面接の回答でクリニックのニーズを満たすことについて
  • 面接の回答で効果的な情報を伝えることについて

面接官が欲しい情報が何かを知っておく

選択をしている写真

では早速美容看護師面接において大切な「面接官が本当に欲しい情報を伝えることができているか?」ということについて詳しく解説していきます。

面接で勘違いされやすいことの1つが、自分をよく見せるために、とりあえず魅力的な内容を何でもかんでも積極的に伝えてしまうということです。

しかし大前提として理解しておかなければならないことが、面接は認識をすり合わせる相互理解の場であると共に、採用試験をする評価の場であるということです。
つまりいくら魅力的な内容をたくさん伝え、高いスペックを表現したとしてもクリニックのニーズを満たしておらず、面接官が欲している適切な情報を提示できないのであれば、入職希望者のことを正確に評価ができないので内定の獲得をすることが難しくなります。

言うなれば掃除機が欲しいと言っているクリニックに、最新型のハイスペック洗濯機を売り込んでいるようなものであり、どれだけ高品質なものであったとしてもそもそも買い手が望んでいなければそれが売れることはないということです。

つまり質問の意図を汲み取って応答するということは、クリニックで働くための「ニーズ」を自分は満たしているという「情報」を正確に伝えるということになります。

ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

ニーズを満たす

評価をしている写真

まずニーズを満たすことです。
これについては、はっきり言って求められているニーズはクリニック毎の経営方針や理念等によって多様に異なるため、一概にこれだけを満たしておけば問題がないということを断定することはできません。

最低限美容看護師としての職務を成り立たせるための
「医療者であることを自負している」
「接客業であることの理解がある」
「美容で働く意思、意欲がある」

というようなことは満たしておく必要がありますが、それ以上のことはクリニックのホームページやパンフレットなどから汲み取ったり、転職エージェントなどのサービスを利用して現場調査を依頼するなどして、クリニックの正確なニーズを把握するようにしておきましょう。

基本的にクリニックの経営方針や理念を達成するために、自分が過去の経験から貢献できることを回答すればニーズは自然と満たすことはできるため、自分の能力等と照らし合わせて内容を考えてみるといいでしょう。

そしてニーズを満たす回答ですが、数ある質問の1〜2つ程度が多少ズレていることは多めにみてもらえることもありますが、全然噛み合っていないことや、真逆のことは伝えないように意識しておきましょう。
特に対策をし辛い、クリニック独自の質問をされた時には要注意です。

例えば営利目的最優先のクリニックでゆっくり余裕を持って働きたいということや、お客様に丁寧な接客を心がけるクリニックに時間単価を求め過ぎることなど、このようなものはニーズが満たせていないため、不合格になる可能性が高いです。

ニーズを満たす回答ができないということは言い換えるなら「入職希望のクリニックに真剣に興味がない」ということを遠回しに言っているのと同等のことです。
そのようなことが採用試験官に伝わってしまうと評価以前の問題となります。
非常に勿体無い落選理由となるため、大前提ニーズを満たすことは意識しておきましょう。

めてめて

ニーズを満たすためにもしっかりと入職希望をしているクリニックの内情は調べておきましょう。どこまでこだわれるかが大事です。
最低でもホームページに記載されていることは確認しておくことをオススメしておきます。

クリニックが欲している人材に自分が該当することが採用選考のスタートラインです。

情報を伝える

選択を表現する写真

次に必要な情報を伝えることです。
この時に意識しておきたいことは採用希望者が思う必要な情報ではなく、採用試験官が欲しているであろう必要な情報を提示するということです。

ここでは一般的にされやすい美容看護師面接の質問に、評価をするためにどのような情報を試験管が欲している傾向があるのかをまとめていますので参照してください。

・こちらの記事で紹介している質問項目をベースに解説しています

美容看護師 面接 質問
美容看護師面接攻略法!内定を勝ち取るための質問と回答ガイド美容看護師の面接で成功するためには、適切な準備が必要です。このガイドでは、美容クリニックでの内定を獲得するための実践的な質問への回答例と、面接官を納得させるためのポイントを詳しく解説します。現実の採用試験官が面接準備を全面的に徹底サポートします。...

「自己紹介、自己PRについて」

【評価項目】
・これまでの仕事で達成してきた成果、実績(強みや誇れるもの)
・必要な要件を端的に要約して相手に伝えれることができる能力

【伝えたい情報】
今までの人生で培ってきた技術や能力を入職先のクリニックでどのように活かし、貢献することができるか。

「志望動機について」

【評価項目】
・美容医療に対する興味関心の程度
・入職希望のクリニックで就労を望む必要性

【伝えたい情報】
どの程度本気で美容医療をしたいのかという熱量と、入職希望のクリニックだからこそ自分は働きたいという明確な理由。

「退職理由について」

【評価項目】
・前職をどのような理由で辞めたのか
・嘘、偽りなく退職理由を伝えることができるかの人間性

【伝えたい情報】
自分が意思決定をした、明確な理由と目的があって退職を選択をしたということ。

「美容経験の有無について」

【評価項目】
・美容医療に対する興味関心の程度
・美容医療というものに対する前提理解の程度

【伝えたい情報】
美容医療への興味関心があり、それに自分が関わりたいことを実際にどの程度行動として起こしてきたか。

「長所、短所について」

【評価項目】
・自己分析能力と特技をどのように仕事で活かせるのか
・自身の問題と真摯に向き合い、それを解決する姿勢や実績があるかどうか

【伝えたい情報】
自分の長所を理解してどのように関連した貢献ができるのかということと、自分の短所を受け入れ、克服のためにどのような取り組みをして、どのような結果をもたらすことができたのかということ。

「看護師として大事にしていることについて」

【評価項目】
・医療者として認識している倫理観や価値観の程度
・美容医療に適性がある医療者であるかどうか

【伝えたい情報】
美容看護師という医療者としての役割を考え、自分の職務を責任を持って遂行するという姿勢。

「今までしてきた誇れるものについて」

【評価項目】
・過去にしてきた実績や成果の程度と、それが採用するクリニックでどの程度有用性があるか

【伝えたい情報】
自分が今までの人生の中で自信を持って達成してきたことが、他者からどのように評価を受けて、ポジティブな結果をもたらすことができたのか。
それを入職希望のクリニックで何に活かせるか。

「今後どのように成長していきたいですか」

【評価項目】
クリニックで成長するビジョンが正確見据えることができ、それに沿った行動を起こすことができるか

【伝えたい情報】
今後働いていくクリニックでどのような存在になりたいのかを、自身の能力と照らし合わせて現実可能な範囲で伝える。

このように質問毎に何を評価しているかが分かってくると、評価してもらうためにどのような自分の情報を伝えば良いかが分かってきます。

どれだけ魅力的な情報を伝えてもそれが一方的であり、そもそも相手が欲していなかったり、会話が成立してなければ面接の意味がありませんからね。
面接の内容構成を考えるにあたっては「この系の質問では最低限これは伝えておきたい」ということは事前に決めておくと良くなるでしょう。

めてめて

自分がただ話したいように話すだけは簡単ですが、相手に理解してもらうように話すとなると一段と難しくなります。

しかし情報を伝えるというのはそれを意識的にするということであるため、会話を成立させるように心がけましょう。

内容に一貫性を持たせる

計画を立てている写真

クリニックのニーズを満たした回答を、相手が知りたい情報を踏まえて伝えることで適切に評価をされ面接の合格率を格段に向上させることができます。

そして最後にそのことで気をつけておいて欲しいことについて解説していきます。
それは当ブログの面接対策でも度々解説している「内容の一貫性を常に持たせておくこと」ということです。

各質問ごとになるべく魅力的な内容を伝えようとして、質問毎には適切な回答を提示できてはいるが、面接全体を見てみると経験や能力など諸々に一貫性が見られなかったり、矛盾点がある内容になってしまっている人は多いです。
筆者が面接をしていてもよく見かけます。

例えば自己紹介では積極的な働き方の姿勢を強みとしているのに、向上心を確認する質問では消極的な目標を回答をしてしまったり、長所で協調性があると伝えているのに、実績や成果を作る過程では協調性を活用できている機会が無いなどです。

自分の中では整合性が取れているように思うかもしれないことも、面接というコミュニケーションの場においては相手に理解を得れることが最優先となるため、客観的に見て内容の一貫性があるのかは確認しておきましょう。

特に採用試験を担当している人材になってくると、内容の一貫性が無いことは物凄く違和感を感じます。
面接で自分の主観ばかりを話してしまい協調性がないことや、内容の一貫性の無さから疑心感を抱かせてしまうとその段階で内定獲得は厳しくなります。

・面接内容の一貫性の確認に自信がないのであれば、転職のプロに依頼して確認してもらうこともオススメ

美容看護師 転職エージェント
美容看護師転職の秘訣!転職エージェントの効果的な利用ガイド美容看護師への転職を成功させるための転職エージェントの利用方法を徹底解説。転職活動の時間短縮、優良求人の発見、事前交渉のコツなど、転職を有利にする方法について理解を深めることで、転職活動を全面的にバックアップします。...
美容看護師 オススメ 転職サイト



  • ・転職サポート関連が高水準!
  • ・優秀なエージェントが多数在籍の高い安定感!

レバウェル看護

看護roo

  • ・美容クリニック求人が多数!
  • ・美容看護師の転職に強いサポートあり!

看護求人 JobMedley

  • ・直接応募型の求人サイト!
  • ・必要なキャリアサポートだけを効率よく受けれる!
めてめて

ありのままの自身のことをしっかりと伝えることができていれば基本的に内容の一貫性は保たれやすいでしょう。

その分内容の一貫性がないということは、不信感を抱かせる要因になりますし、そのように思わす人材を避けたいクリニックは多いです。

最後に

記事のエピローグ

今回は美容看護師面接における採用試験官が行う質問の意図を汲み取るという内容で解説しました。

面接は採用選考試験の中で最も内定を決定づける重要なやり取りです。
そのため特に丁寧に対策をしてもらいたいところですが、それで自分を良く見せることだけにフォーカスしてしまい「評価してもらうべき事項」という本来伝えなければならない事が疎かになってしまわないようには十分に気をつけておきましょう。

もちろん自分の魅力を伝え売り込むことは大事ですが、それ以前に相手から欲される存在であることが大事です。
それを理解した上で魅力を伝えることができると面接は格段に良くなります。

美容看護師の面接は難しく、落ちる看護師が多いと言われますが、適切な対策を知っておけば実はそこまで難解なものではありません。
ただ要点が非常に把握しづらいものであるため、対策がきちんと出来ずに落ちてしまうという勿体無い体験をしている人は多いです。

入職希望のクリニックが美容看護師に求めているものは何か?それを満たすために自分が伝えるべきことは何か?
自分の実力と入職希望のクリニックとを照らし合わせて考えてみてください。

まとめ
  • 美容看護師の面接では採用試験官が入職希望者を正確に評価できるようにクリニックのニーズを満たした必要な情報を提供する。
  • ニーズを満たすためにクリニックの理念や運営方針は把握しておき、それを満たすために自身ができる取り組みを提示する。
  • 情報を満たすために面接の質問毎にどのような評価を採用試験官がしているのかを理解して、それに沿った情報を提示する。
  • 面接の内容は必ず一貫性を持たせておき、全体の内容を通して相違点や矛盾点がないかは確認しておく。
  • 面接の内容を客観的評価してもらうように転職サポートなどの利用が有効的である。
めてめて

採用選考のノウハウを知っている筆者や知り合いの試験官が採用選考は簡単であるというのはこのような概要を詳しく知っているからというのが大きいですね。

面接自体の構成も割と単純で、それを単純に解決できるようにしっかりと必要な情報収集と対策をしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

美容看護師転職にオススメの転職サイト

美容看護師転職オススメサイト



  • 優秀なエージェント多数在籍!
  • 内部事情の調査が高品質で優秀!
  • 美容転職で高い利用満足度!

↓無料登録はこちらから↓

看護roo

  • 高レベルの各種サポートが充実!
  • 美容クリニック特集が非常に便利!
  • 美容クリニック求人数が多い !

↓無料登録はこちらから↓

看護求人 JobMedley

  • 連絡不要の直接応募型の求人サイト!
  • 必要な分のキャリアサポートを受けられる!
  • 非公開求人なし!いつでも申し込み可能!

↓無料登録はこちらから↓

美容看護師オススメの転職サイト
まずは登録したい!現役美容看護師達が本気でオススメする転職サイト美容看護師としての転職を検討中の方へ。現役の美容看護師が厳選した転職サイトを紹介します。信頼できるサイトで理想の職場を見つけましょう。...
めてめて

当メディアはリンクフリーです。
ご自身のサイトやSNSで紹介いただけると嬉しいです。
ご紹介の際はお手数ですがURLの記載をよろしくお願いします。

ABOUT ME
めてめて
現役の美容看護師です。 美容看護師として大手、中規模、男性専門、個人、保険美容併設型で勤務経験あり。 美容看護師7年目、管理職、面接官、教育指導も担当しており美容医療分野へ精通している。